製品情報

水分補給の匠

水分補給の匠

特徴

特徴1

加熱・冷却は要りません

  1. 1

    水と水分補給の匠を入れる

    お茶またはお湯100mLと水分補給の匠6gを入れます。

  2. 2

    かき混ぜる

    30秒ほどかき混ぜ、静置します。

  3. 3

    お茶ゼリーのできあがり

    15分後、お茶ゼリーのできあがり。

    ※水の温度や高度によってゼリーの硬さが異なる場合があります。

医療・福祉施設・住宅での水分補給ゼリーの製作が簡単に

  • 手間がかかる

    手間がかかる

  • 保管場所に困る

    保管場所に困る

  • 時間がかかる時間がかかる
  • 生面の不安衛生面の不安

すぐに作れて、すぐに食べられる「水分補給の匠」で解決

特徴2

冷水でも!お湯でも!作れます

  • 冷たいお茶ゼリーを作る時

    冷たいお茶ゼリー

    冷水と混ぜてください。

  • 暖かいお茶ゼリーを作る時

    温かいお茶ゼリー

    お湯と混ぜてください。

  • 冷たいゼリーを温かくしたいときは

    冷たいゼリーを温めたお茶ゼリー

    温蔵庫に入れて、温めてください。

    ※電子レンジは使用できません。

特徴3

体内に効率よく吸収されます

「水分補給の匠」ゼリーの溶出性と吸収性が他社品と比較して高いことがわかります。この結果から、「水分補給の匠」ゼリーは体内で速やかに崩壊し、水分およびエネリギー源が溶出され、効率よく吸収されることが示されています。

溶出性の比較(他社品の平均溶出率を1とした時の相対値で比較)

エネルギー源の吸収性の比較(他社品の吸収指標を1とする)

特徴4

嚥下適正に優れたおいしいお茶ゼリーです

付着性が低い、飲み込みやすいゲルを形成します。

付着性

口内でのべたつきの度合い

付着性が低いと飲み込みやすいと考えられる。

凝集性

咀しゃくし、噛み砕かれた後の食材同士(食塊)のまとまりやすさ

凝集性が高いと飲み込みやすいと考えられる。

嚥下適性に優れているとされるゼラチンゼリーと「水分補給の匠ゼリー」の物性を比較すると、両者ともに付着性が低く高い嚥下適性を示しました。凝集性についてもゼラチンゼリーと「水分補給の匠ゼリー」は同等であり、この結果から「水分補給の匠ゼリー」は嚥下適性に優れていると考えられます。

使用例

砂糖をいれておいしくカロリーアップ

砂糖を加えるだけで、美味しいデザートに。

【作り方】

水または湯に溶かす際に砂糖を加え、混ぜてください。

<1食当たり目安分量>

  • 水または湯・・・・・100mL
  • 水分補給の匠 ・・・・・6g
  • 砂糖・・・・・・・・・15g
約80kcal摂取できます

水分補給の匠のアレンジ

おやつとしても利用できます。高齢者が好む和のスイーツに。

黒蜜ゼリーの黒蜜がけと緑茶ゼリーパフェ

水分補給について

なぜ水分補給?

高齢者は、加齢による身体機能の低下や環境要因から常時脱水を引き起こされる危険があります。

高齢者の脱水の原因

  1. 体内に水分を貯蔵できなくなる
  2. 腎機能の低下により、尿量が増える
  3. ノドの渇きが感じにくくなり、水分摂取量が減る
体内水分量

嚥下障害と脱水?

高齢者に多くみられる疾患の一つの嚥下障害は、水分や食べ物が飲み込みにくいため、食事の摂取量が減少しやすい傾向にあります。高齢者の脱水の原因とあわせて、嚥下障害のある高齢者は、さらに脱水の危険が高いと言えます。

食事摂取量や水分摂取量が不足すると、生理機能の低下や精神状態の不安定化をまねき、生活活動能力が著しく低下します。その結果、さらなる水分摂取量の低下、健康度の悪化という悪循環につながります。

脱水は最終的に死に至ることも!

どうやって水分補給

一般的に、高齢者に必要な水分は、食事に含まれるものを除いて、1日に1000~1500mlと言われています。食事の際のお茶だけでは不足していましますし、一度にたくさん摂取することも難しいです。そのため、一定時間ごとに頻繁に水分補給することが大切です。

仕様

品名 ゼリーの素
原材料名 砂糖、緑茶エキス、デキストリン、水飴、抹茶、リン酸カルシウム、ゲル化剤(アルギン酸ナトリウム)、pH調整剤、乳酸カルシウム
賞味期限 製造日より2年
保存方法 直射日光、高温多湿をさけ、常温で保存してください。
使用上の注意
  • 開封後はなるべくお早めにご利用ください。
  • 一度に多量に加えると、溶けにくい場合があります。
  • ゼリー調製後は、なるべくお早めにお召し上がりください。
  • 粉末をそのまま食べないでください。
  • ゼリーの状態を確認してからお召し上がりください。
  • 本品を使用することで確実に誤嚥を防げるものではありません。
  • 医師、管理栄養士等の指導に従ってご使用してください。
  • 小児の手の届かないところに置いてください。
  • 包装容器の破損しているものは使用しないでください。
  • 直射日光や高温多湿を避けて保管してください。

栄養成分表示

栄養成分表示(100g当たり)
熱量 359kcal
たんぱく質 1.2g
脂質 0.5g
糖質 80.8g
食物繊維 6.7g
ナトリウム 880mg
カルシウム 2,300mg
リン 1,800mg
カリウム 220mg
マグネシウム 16mg

商品ラインナップ

  • 6g×50本
    スティックタイプ
  • スタンディングパウチ
    600g チャック付