製品情報

シングラフィー

シングラフィー
5つの成分でトータルサポート
急性期・慢性期の栄養管理に

医療現場では様々な栄養療法を組み合わせて試行錯誤が重ねられています。エビデンスレベルの高いグルタミン療法と、シンバイオティクス療法を組み合わせた食品です。

特徴

特徴1

シンバイオティクス

プレバイオティクス + プロバイオティクスの相乗効果

プロバイオティクスとしてBifidobacterium longum とLactobacillus salivarius 、プレバイオティクスとして水溶性の食物繊維、イヌリンを配合したシンバイオティクスです。

特徴2

腸のエネルギー源

1日分のL-グルタミン

腸管細胞のエネルギーとして必須で経腸栄養剤にも用いられるL-グルタミン。 ASPEN/SCCM※※の2009年のガイドラインで「熱傷、外傷、ICU患者においてグルタミンが含まれていない経腸栄養剤にはグルタミンを加えること。
推奨量は0.3~0.5g/kg/day」と推奨されており、シングラフィーは1日3包で20 gのL-グルタミンを摂取可能です。

※ASPEN/SCCMのガイドラインに基づき、50kgの体重の人の1日分の最低推奨摂取量(15g)を満たす場合。
※※ASPEN=米国静脈経腸栄養学会 The American Society for Parenteral and Enteral Nutrition
SCCM=米国集中医療学会the Society of Critical Care Medicine (SCCM)

特徴3

バリアサポート成分

母乳のちから、ラクトフェリン

母乳に含まれ、様々な生理機能を有することで知られる、バリアサポート成分ラクトフェリンを配合しています。

ご使用方法

ご使用方法

水またはぬるま湯50-200mLにシングラフィー1包(9.5g)を入れ、良く混ぜてお召し上がりください。L-グルタミンは水への溶解性が非常に低いため、水に溶かした際に沈殿しますが、シングラフィーはとろみをつけてこれを解消。飲みやすくとろみのあるピーチ味に仕上げました。

使用量の目安

一日に1~3包を目安にお召し上がりください。

仕様

品名 イヌリン・ビフィズス菌・乳酸菌・グルタミン・ラクトフェリン含有食品
原材料名 イヌリン、ビフィズス菌末(澱粉、ビフィズス菌乾燥原末)、乳酸菌、L-グルタミン、増粘多糖類、ラクトフェリン、酸味料、プルラン、甘味料(スクラロース)、香料(原材料の一部に乳成分を含む)
内容量 285g(9.5gx30包)
賞味期限 1年半
保存方法 直射日光・高温多湿をさけてなるべく涼しいところに保存してください。

栄養成分表示

栄養成分表示:1包(9.5g)当たり
熱量 38kcal
たんぱく質 6.8g
脂質 0.038g
炭水化物 2.4g
ナトリウム 0.48mg
カリウム 1mg
その他 L-グルタミン 6.7g、イヌリン 1.7g、ラクトフェリン 0.2g、ビフィズス菌 10億個、 乳酸菌10億個 配合

商品ラインナップ

  • 9.5g × 6包(57g)
  • 9.5g × 30包(285g)