製品情報

とろみ名人

とろみ名人

とろみ調整食品 とろみ名人

サッと!溶けて ツルッ!ととろみ

とろみ名人は、適切な飲み込みやすさを追求し、食事本来の楽しみを優しくサポートするとろみ調整食品です。

粘性の低い、サラサラした液体や食品を嚥下(飲み込み)する際、受け入れ準備が整っていない咽頭部へいきなり流入すると誤嚥(誤って気管に入ること)して、むせたりすることがあります。 とろみ調整食品は、そういうサラサラした食材にとろみをつけて粘度を高め、口の中でまとまりやすくして、流入するスピードを遅らせ、飲み込みやすくすることができます。

特徴

特徴1

サッと溶かして混ぜるだけ

溶解性が良いので、ダマにならずスムーズに溶かすことができます。

ここがポイント

とろみ名人を加えて、約1~2分※1でとろみがつきます。また、図1のグラフの通り、とろみが安定する時間が早く、とろみの状態を長時間維持しますので、調理時と食事時のとろみが変わることはありません。表1は、食材別にとろみが安定する時間を示しています。
※1 水・緑茶に添加した場合

図1.牛乳に対するとろみのつき方

とろみが安定する時間
水、お茶(5℃) 5分
オレンジジュース 15分s
野菜ジュース(5℃) 10分
牛乳(5℃) 20分
みそ汁(50℃) 10分

表1.とろみが安定するのにかかる時間

特徴2

ベタつきのないキレの良い食感

適切なとろみがつくので、ベタつきが少なくキレの良い軽い食感を楽しめます。

ここがポイント

食塊が、咽頭部を通過する速度が速すぎると、口蓋反射がついていかず、誤嚥を引き起こすケースがあります。とろみ名人は、適切な「ツルッと感」を実現しました。

特徴3

冷たいものから温かいものまで少量でとろみがつきます

お茶・牛乳・ジュース類、濃厚流動食にも、温度に左右されずに安定したとろみを維持します。

ここがポイント

とろみ名人は、少量でとろみをつけることができます。図2は、蒸留水への添加量ととろみの関係を示したグラフです。

添加量と粘度

図2.蒸留水への添加量と粘度の関係
(蒸留水100mLあたり、20℃で粘度を測定)

特徴4

無色透明・無味無臭 食材の味を変えません

食品に加えても、見た目や味を損なうことなく、素材そのものの味を提供します。

  • 牛乳

  • 濃厚流動食

  • 緑茶

  • オレンジジュース

  • スポーツドリンク

  • みそ汁

ご使用方法

飲み物や食べ物にとろみをつけるときは、「使用量の目安」を参考にし、かき混ぜながら少量ずつ加えてください。

※通常、加えてから1~2分でとろみがつきはじめますが、加える食品の種類や温度によっては5分以上かかる場合もあります。

とろみ名人をかき混ぜる
使用量の目安:100mLに対する使用量 ※1包3gです。
対象物(100mL)
/ 仕上がり
ポタージュ状 ヨーグルト状 ジャム状
水・お茶(冷)5℃ 2/3包(2g) 5/6包(2.5g) 1包+1/6包(3.5g)
水・お茶(温) 50℃ 1包+1/6包(3.5g) 1包+1/3包(4.0g) 1包+2/3包(5.0g)
野菜・果物ジュース 5℃ 1/2包(1.5g) 2/3包(2g) 1包(3g)
牛乳 5℃ 1/2包(1.5g) 2/3包(2g) 1包(3g)
みそ汁 50℃ 2/3包(2g) 5/6包(2.5g) 1包+1/6包(3.5g)

使用量の目安をポタージュ状、ヨーグルト状、ジャム状という性状でわかりやすく表しました。

溶かし方のコツ

「とろみ名人」をかき混ぜながら加えたら、30秒ほどすばやくかき混ぜます。

とろみ調整のコツ

とろみが強すぎた場合

同一の飲み物を適量加えてかき混ぜれば、とろみを薄めることができます。

とろみが弱すぎた場合

とろみを強くつけた同一の飲み物を用意し、それを適量加えてかき混ぜれば、とろみを強くすることができます。

ミキサーでも使えます

ミキサー食などにとろみをつける時は、適量を一緒に入れてミキサーにかけるとなめらかに仕上がります。

仕様

品名 とろみ調整食品
原材料名 デキストリン、増粘多糖類
内容量 粉末タイプ : 1.8kg
スティックタイプ : 3g×50包
スタンディングパウチ : 500g
賞味期限 製造日より2年
保存方法 直射日光、高温多湿をさけ、小児の手の届かないところに保管してください。
使用上の注意 開封後はきちんと密封して保存し、なるべくお早めにご利用ください。
一度に多量に加えると、溶けにくい場合があります。
使用例はあくまで目安量です。使用条件により粘度が変わることがあります。 粉末をそのまま食べないでください。
とろみの状態を確認してからお召し上がりください。
本品を使用することで確実に誤嚥を防げるものではありません。

栄養成分表示

栄養成分表示(100g当たり)
熱量 316kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0g
糖質 66.1g
食物繊維 24.5g
ナトリウム 348mg
リン 57.1mg
カリウム 1220mg

お年寄りに不足しがちな栄養素

お年寄りは加齢に伴う様々な能力低下や運動不足、食欲低下など、様々な要因により栄養不足になります。また、柔らかくて食べやすいものに偏りやすいので、栄養的にも偏った食事になる傾向があります。
ゼリーの匠を使って、必要な栄養素を効率よく摂取しましょう。

出典:サラヤ(株)「在宅介護における食生活改善の手引き」より

不足しがちな栄養素

多く含む食品 不足するとどうなるか
たんぱく質 肉、魚、卵、牛乳、大豆など
  • 筋肉が衰えるなど、身体全体の機能が低下する
  • 体力や思考力が低下する
カルシウム 牛乳、バター、桜えび、しらす干し、豆腐、チーズなど
  • 骨と歯が弱くなる
  • 神経質になったり、イライラしやすくなる
あんず、かき(貝)、かつお、春菊、枝豆、パセリ、ほうれん草、あさりなど
  • 貧血
  • 疲れやすく、忘れっぽく、根気がなくなる
亜鉛 かき(貝)、牛肉、米
  • 味覚障害
ビタミンB6 レバー、卵、緑黄色野菜、魚
  • 皮膚に炎症が起こりやすい
ビタミンB12 レバー、卵、肉、魚介類
  • 悪性貧血
  • 運動失調
  • 口内炎・味覚障害
食物繊維 ごぼう、れんこん、大豆
  • 便秘になりやすくなる

商品ラインナップ

  • 3g×50本
    スティックタイプ
  • 500g チャック付
  • 1.8kg チャック付