アンケート広場

アンケート結果

どんなレシピが欲しいですか

結果

アンケート結果

【投票数:41件】

円グラフ

棒グラフ

その他の回答としては、「高たんぱく食」や「居酒屋メニュー」などの案を頂きました。

そのほかにも行事に使えるようなコンテンツのご希望を頂きましたため、簡単にできるフルーツの飾り切りをご紹介させて頂きたいと思います。りんごの飾り切り白鳥です(^▽^)/

りんごの飾り切り白鳥の作り方

用意するもの

  1. りんご:1個
  2. 割り箸:4本
  3. 包丁(ペティナイフがあると切りやすいです)

手順 1

りんごを洗い、写真1のように斜めにカットします。白鳥の頭の部分を作成するにあたり、体の部分が大きい方がバランスが良いため、半分に切った内大きい方を白鳥の胴体部分として使用します。

手順 2

写真のようにりんごを割りばし(合計4膳使用)で挟み、りんごの中央5㎜程度のこし、割りばしに当たる直前まで切り込みを入れます。

手順 3

次に写真3のように刃を割りばしに沿うようにりんごを切ります。これを左右両サイドに行います。

手順 4

割りばしを上下ともに1膳ずつ減らし、手順2と3で切り取ったりんごを写真4・5のように切り取ります。

(これを左右2~3回繰り返すと、白鳥の胴体の翼部分が完成します(^▽^)/

手順 5

続いて写真7・8のように切り込みを入れます。

(ここが白鳥の首の部分との接合部になります。)

手順 6

使用していなかったりんごを3ミリ程度の適当な大きさに切り取り、白鳥の頭の部分を切り出します。

(切り出した後は角を丸く切るなど微調整をするときれいに見えます。)

手順 7

手順1-6で作成したりんごを組み合わせて、白鳥の完成となります。

今回の記事ではりんごの飾り切りをご紹介させて頂きましたが、栄養士ウェブレシピ集では今回のアンケートで皆さまからご要望がございました糖質コントロールレシピとして、マシュマロの作り方をご紹介させて頂いております。

コンテンツのご利用には会員登録が必要です。「栄養士ウェブメルマガ会員」についてはこちら

アンケート広場TOPへ