アンケート広場

アンケート結果

衛生管理はどんな対策をされていますか

結果

アンケート結果

【投票数:34件】

円グラフ

棒グラフ

その他の回答としては、次亜塩素水での消毒、外食での注意や体調管理がございました。

食中毒は「食品に起因する胃腸炎・神経障害などの中毒症の総称」と定義されており、細菌性・ウイルス性・自然毒性・化学性・寄生虫によるものと大きく分けて5種類があります。

そして細菌性食中毒の予防方法としては、「菌をつけない」「増やさない」「殺してしまう」があり、食中毒予防の3原則と言われています。

予防に置けます消毒方法としては、消毒用エタノールや塩化ベンザルコニウムなどが活用されますが、ノロウイルスの失活法として、下記の通りの次亜塩素酸ナトリウムや加熱による処理が厚生労働省のホームページでは紹介されております。

  • 次亜塩素酸ナトリウム

    洗剤などによる十分な洗浄後、塩素濃度200ppmで浸すように拭くことでウイルスを失活

  • 加熱による殺菌

    85℃以上の熱湯による1分以上の加熱

(厚生労働省 ロウイルスに関するQ&A)

市販されております消毒用アルコール商品の中にも、ノロウイルスに効果があるものもございますので、日々の体調管理という中でご家庭での消毒の使用は効果的と言えます。

下記のサイトは、今回ご紹介させて頂きました内容に加えまして、食中毒とは何か。食中毒の増殖条件や原因から見た食中毒の予防方法などをまとめた関連サイトとなっております。合わせてご確認ください。

サラヤ衛生管理ガイド(食中毒)

コンテンツのご利用には会員登録が必要です。「栄養士ウェブメルマガ会員」についてはこちら

アンケート広場TOPへ